プラグインでリビジョン制御

投稿日:

さて、当サイトがSSL化してからの初投稿となります。 といっても特に記事内に変わった点はないんですけどね。
 

今回はリビジョン制御に関するカスタマイズをやっていこうと思います。

まぁプラグインを入れれば良いだけっぽいので、ちゃっちゃとやっちゃいましょかね。
 

リビジョンとは

その前にまずは「リビジョン」について。

WordPressを使ってる人にはおなじみでしょうが、投稿記事の更新履歴を保存しておく機能ですね。

下書き保存時・プレビュー時に作成され、この時に記事IDが付与されます。
記事IDが飛び飛びになっていくのはこのためですね。
このサイトも50記事程度ですが、記事IDはもうすぐ1000になります。

ちなみに、リビジョンと自動保存機能は違います。
自動保存では記事IDは増えません。 記事IDに最新の自動保存が上書きされていくためです。
 

このリビジョン機能ですが、全ての記事のリビジョンが残り続けてしまうんですよね。

サイトの表示速度を落とさないためにも、不要なデータは消していった方が良いはず。

が、WordPressにはこのリビジョンを消す事も、保存するリビジョン数を設定する事も、無効にする事もできないらしいのです。

一応、プラグインに頼らずとも、「wp-config.php」にコードを書き加えることによりリビジョン・自動保存の制御は可能なようです。

が、すでに作成されてしまったリビジョンの削除はコードではできないため、プラグインを使おうと思います。

 

リビジョン制御プラグイン

それではリビジョン制御のためのプラグインを探していきましょかね。

実は以前から目星はつけてあったんですよね。

検索かければまず名前が挙がるであろうプラグイン、『Revision Control』
このプラグインを使えば、リビジョンの保存件数を指定したり、リビジョンを無効にしたりできるようです。

しかし、このプラグインではすでに作成されているリビジョンの削除まではできないらしいのです。

そこで『Better Delete Revision』というプラグインを併せて使うのが一般的のようです。
このプラグインでは今までに作成された全てのリビジョンを一括削除できるとのこと。

ネットで検索かけると、大体この「Revision Control」+「Better Delete Revision」の組み合わせがヒットしますね。

「Better Delete Revision」で既リビジョンを一括削除→「Better Delete Revision」をアンインストール→「Revision Control」でリビジョン機能を無効化。 という流れでほとんどのサイトが紹介していました。
 

しかし、リビジョン機能を無効化してしまうと、プレビュー機能が反映されなくなってしまいます。
プレビュー前に下書き保存をしておくことによりプレビューできるようになるらしいのですが、こまめにプレビューしている私にとってはこれはかなり面倒。

と、いうわけで、私はリビジョン機能は残しておくことに決めました。
 

>リビジョン削除プラグイン

なので、今回私が行ないたいのは、

・今までに溜まったリビジョンの全削除
・記事を書き終わったら(公開したら)リビジョンが削除される(できれば自動で)

となりますね。

重要なのが2つ目の「記事を書き終わったらリビジョンが削除される」の部分です。
ザッと調べた限りでは、この機能を持ったプラグインが見つからないんですよ。

一応、手動でのリビジョン削除なら、『WP Revisions Control』という「Revision Control」のソックリさんみたいなのがありました。
検索かけてもこのプラグインの情報がほとんど出てこないんですが、どうやら各記事にその記事のリビジョンを削除する為のボタンが追加されるようです。
 

自動でのリビジョン削除となると、記事完成後に勝手に消えるのではなく、事前に自分で設定しておいた期間(スケジュール)毎に削除が行なわれるプラグインとして、『WP-Optimize』『Optimize Database after Deleting Revisions』という物が見つかりました。

しかしこれらのプラグインは、リビジョン以外にもキャッシュやら何やら色々な物をまとめて削除できる複合プラグインっぽいです、たぶん。 後者はデータベースの最適化とかもできるみたいです。

こういう多機能なプラグインってJetpackみたく重そうだし、スケジュールで管理するプラグインはサーバーに負荷をかけるとも聞きます。
これ1個ぐらいなら大丈夫だとは思いますが、私はすでにバックアッププラグイン『BackWPup』をスケジュール管理で実行しているため、これ以上はできれば入れたくない。

加えて、キャッシュ関連のプラグインってのはWordPressの不具合の原因として真っ先に名前が挙げられてる気がします。 どこかで初心者は使わない方が良い、とも聞きました。

こういった理由から、上記2つのプラグインには手を出さないことにしました。
 

他にリビジョン制御プラグインは見つけられなかったので、消去法で「Better Delete Revision」か「WP Revisions Control」の2択となりました。

「Better Delete Revision」は一括で全記事のリビジョンを削除できる定番プラグインのようですが、自分でこの機能を使う日を決めて(毎月1日とか)、自分の意思で実行する必要がありそう。 正直メンドい。

「WP Revisions Control」は各記事にリビジョンを削除するためのボタンが追加されるので、記事を公開する度にそのボタンを忘れずに押すことになりますね。 こちらもメンドい。

やっぱ無難にいくなら、有名どころの「Better Delete Revision」なんでしょうが、定期的に手動でやるってのはちょっと私は苦手…。 ぜったい忘れるわ。
カレンダーとかに書いときゃいいんでしょうが、そこまでするのもな~って感じなので、私は「WP Revisions Control」を使ってみることにしました。

これからは記事を書き終える度に一手間増えるってことになってしまうんですが、こういうのは習慣づけておけば気にならなくなるんじゃないかな~、と思ってるんですが、どうなんでしょ?

ま、あとはしばらく使ってみてあまりにも面倒なようであれば、「Better Delete Revision」へ。
それでも面倒だというのであれば、「WP-Optimize」か「Optimize Database after Deleting Revisions」でのスケジュール設定でのリビジョン削除を試してみようと思います。

 

おわりに

前の記事からかなり期間が空いてしまいました。 …何回目でしょうね?このセリフ。

実はこの記事は1回書き直しする羽目になったんですよね。

当記事の最初の方で言った「リビジョンと自動保存機能は違いますよー。」ってヤツ。
…偉っそーに語ってますが、コレ、この記事書いてる途中で知りました(;´д`)

途中ってかほぼ書き上がってました。 なので、まるっと書き直さなきゃいけなくなったんですが、ここでまーモチベーションがダダ下がりしてしまいまして…

先月なんかは記事にはできなくとも、毎日裏でなにかしらはサイトカスタマイズに手をかけていました。

しかし、今月は何にもしない日がかなり出てきてしまいまして…
 

なんかちょっとこのままではマズイですよね…

このサイトは2月末から本公開に向けてカスタマイズを始めたんですが、あれよあれよと8月半ば。 もう6ヶ月目ですよ。

サーバー代やドメイン代だってタダじゃないんだから、ダラダラやってる場合じゃないっつーんですよこのヤロー。

今回は記事の書き直しってのがモチベ低下のキッカケだったわけですが、単純にカスタマイズ熱みたいのが冷めてきてしまっているんだとも思うんですよねぇ…

ちょっとここらでカスタマイズは強引にでも打ち切って、ガンプラブログとしての体裁を整えていった方が良いんじゃないかなーと内心あせってたりします。

私はWordPressどころかブログ自体やるの初めてないい年したおっさんなんですが、こういうド素人が自分のサイトを完成させるのってどんぐらいかかるもんなんですかね?

 

…なんか愚痴っぽくなってしまいましたね(-_-;)

とりあえずカスタマイズは少ーーしずつですが進んでいる事は確かなので、次回もプラグイン導入のカスタマイズをしていきます。
次のプラグインでいったんプラグイン導入は一区切りつけられそうなので。

それが終わったら、ちょっとガンプラの方の準備に入ろうと思います。 モチベ回復も兼ねて。
なにせ10年ぶりっくらいなので、道具やらなにやらまだ使えるのか…
いろいろと買い足す必要がありそうです。 が、ワクワクしてきますね(´m`)

-ウェブサイト作成

Copyright© ガンプラ気分 , 2020 All Rights Reserved.